医師による栄養療法について

検査に基づいて栄養素の増減を確認し、調整治療していく栄養療法



<検査に基づく栄養療法>

・分子栄養医学に基づく療法  オーソモレキュラー療法

・デトックス + ビタミン療法

・遺伝子栄養療法(ニュートリジェノミックス)

・その他




<分子栄養医学に基づく治療に取り組んでいる病院の例>「発達障害の治療の試み」より)


発達障害の原因について

・腸内環境の悪化

解毒機能の低下

機能性低血糖症に関わる症状

先天的・遺伝的要因


発達障害の検査について

ペプチド(タンパク)血液への混入 → ペプチド検査

腸内環境の悪化 → OTA有機酸検査

IgG遅延型アレルギー → IgG遅延型アレルギー検査

有機ミネラル → 有機ミネラル検査

一般血液検査

・その他

〜医師による栄養療法の詳細は、PDFにて、無料公開いたします。(準備中)〜


医師以外による食事療法について

食事療法で、症状の改善を試みる方法


<日本で有効と言われている代表的な食事療法>

・グルテン・カゼイン除去食事療法

・糖質制限(ローカーボ)食事療法

※詳細説明は順次アップいたします。


例:アメリカの発達障害児専門栄養士の著書「発達障害の子どもが変わる食事」より

<基本となる食事療法>

・GFCF グルテン・カゼイン除去食事療法

・SCD 特定炭水化物食事療法

・BED ボディ・エコロジー食事療法

・WAP ウェストン・A・プライス食事療法

<食事療法のステップ>

ステップ1 有害な食べ物を取り除く

ステップ2 基本のサプリメントで体を整える

ステップ3 3大栄養素を補給する

ステップ4 食事療法を開始する

ステップ5 体が受け付けない食品を除去する

ステップ6 さらに効果を上げる栄養素を補給する

〜医師以外による食事療法の詳細は、順次アップ & PDFにて、無料公開いたします。(準備中)〜