プロフィール

小林 浩子 


新潟県上越市生まれ

東京農業大学農学部栄養学科卒業

行政の保育園の栄養士として約5年間働く

2015.7から、フリーの管理栄養士として活動を開始する


<職種・資格>

管理栄養士

栄養士

調理師


島津睦子ホームケーキングスクール パン・ケーキ師範科修了

ホームベーキングアドバイザー取得

ホームケーキングアドバイザー取得


佐奈江学園 カフェズキッチン カフェビジネスコース 修了


<仕事内容>

発達凸凹アカデミー 食事療法 講師(8月〜)

発達障害さんの食事を考える調理セミナー (第6回 11月 予定)

・発達障害さんの偏食研究

・発達障害さんのための視覚支援のレシピ表作り


・レシピ開発(発達障害の子どもを支援するレシピ開発)

・栄養のあるスムージー開発

・体調を改善するハーブティー・お茶開発

・商品開発

・執筆

・行政の離乳食講習会 助師 (隔月)

米粉のお菓子・料理教室


「偏食」について

保育園栄養士を経験したにも関わらず、自身の子どもの超偏食っぷりに手がつけられず。偏食は、甘やかした親の私が悪いと自分を責めることに。”発達障害”については娘が幼稚園の頃、知り始める。

児童精神科医佐々木正美(故人)との出会いで、自分は悪くなかったとの思いに至る。

「食事は、ただ栄養素を摂っているだけではない。もっと大切なことがある」

お子様の発達障害や偏食でお悩みのお母様のために、活動を開始。

経験をもとに、楽しい食卓を提案している。

「食事療法」について

ほぼ炭水化物で1日3食のレパートリーを満たしていたが、発達障害に良いといわれているグルテンフリー・カゼインフリー生活をはじめてから、健康食に目覚める。体調も改善する。日本の伝統食をこよなく愛する毎日である。